らんぷの仕業

ブログのタイトル変えました。

邦画

「二十六夜待ち」 このタイトルに惹かれて

孤独な男女が心と体で寄り添ってゆく姿を描いたR18作品 Vパラダイスで放映された2017年作品 タイトルに惹かれて録画して観ました。 主演の井浦新のせりふがボソボソとつぶやくようで聞き取りにくいのと、地元の福島の人の言葉も分かりにくかったので二度見直…

「東京流れ者」

(2年前にヤフーブログに書いた記事です) 追悼 渡哲也 として再掲載します。(姑息な手だけど) 渡哲也主演の日活アクションです。が、 監督は、ご覧の様に、かの鈴木清順 並みの監督ではございません。 清順美学と呼ばれた色彩マジック的なアクションを。…

チューブ状のベルは怖い!「劇場霊」は怖がりようがない。

トビー君が紹介した曲は あまりにも有名なこの曲 聴けばすぐに何の映画のテーマ曲か分かります。そして怖くなる… Mike Oldfield - Tubulars Bells Pt. 1 (Excerpt) 1973 さて、昨日、CSで観た恐ろしくつまらないホラー映画↓ この映画、あの「リング」「女優…

「憎いあンちくしょう」日本初のロードムービー

裕次郎とルリ子が東京~阿蘇へ 7月17日にずっと観たかったこの映画をチャンネルNECOでやっていたので観た。裕次郎って確かこの季節に亡くなったはずだと検索したら、なんとこの日が命日だった。1987年7月17日。 裕次郎とルリ子がそれぞれジープと…

散歩する霊柩車

「赤い殺意」の夫婦の騙しあい 面白い変な映画を観た。その名も「散歩する霊柩車」 「夢のハワイで盆踊り」に次ぐアグレッシブなタイトルね(?) それぞれ「散歩する侵略者」「死霊の盆踊り」なんてタイトルをパクられるくらいのインパクト(オマージュかな…

モスラとカメムシとほろよい

また一晩中一緒かよ。(ピーナッツが言ってる訳じゃない) 何故か私が一人でいる夜に限って現れる奴↓ でかっ!(画像が) 「赤い殺意」の露口茂じゃあるまいし、亭主の留守を狙わなくたって良いでしょうが。あ、夫がいる時は夫が黙って外へ出してるみたいだけ…

赤んぼ少女

ホラー映画の赤ん坊は人形より怖いはず… 「赤んぼ少女」原作は楳図かずおのホラー漫画なのです。 かなり古い作品で、私も読んでるはずなんだけど、あまり覚えていない。少女フレンドも廃刊になって久しいし。創刊間もない小フに登場して、瞬く間に全国の少女…

浦山桐郎監督の言葉②

真摯に謙虚であれ 神戸でポートピアが開催された1981年の前年、1980年に浦山監督は「太陽の子 てだのふあ」を撮っています。舞台は神戸です。監督が関西によく来られていたのはそのためです。私たち「浦山桐郎をさぼらせへん会」のメンバーも監督の…

浦山桐郎監督の言葉①

映画クイズの答です。 yahooブログの方にも同じ問題を出していたんですが、そちらで正解が出たので。正解は浦山桐郎監督でした。 浦山監督は生涯に9本しか映画を撮らなかった人でした。 「キューポラのある街」 「非行少女」 「私が棄てた女」 「青春の門」…

「キングコング対ゴジラ」のどうでも良い疑問

この団地の間取り等はどうなっているのだろう? えー、一応映画の話ですが、実は映画の中身には全く関係のない疑問でして、興味のない方はスルーして下さっても良いです。 この映画の人間サイドの主人公は高島忠夫で、浜美枝演ずるその妹がヒロインな訳です…