昔の名前は捨てました。

めんどくさい事は嫌いなブログです。

恐竜100万年

洞窟の絵師

 

恐竜100万年」と言えば

こんな金髪美女(ラクエル・ウェルチ)も登場しますが、

f:id:todorirannpu:20190616013341j:plain

 

何故かデカい亀(ガメラではない)も出てくる、

f:id:todorirannpu:20190616013202j:plain

 

ステゴザウルスも、(あら、下線がない。キーワードに出てない)

f:id:todorirannpu:20190616013238j:plain

 

プテラノドンも出てくる。地球の歴史もムチャクチャな無茶ぶり。

f:id:todorirannpu:20190616013306j:plain

 

そしてここだけしか出番はないけど、このオッサンは

f:id:todorirannpu:20190616013111j:plain

 

こんな見事な絵を描き上げる画家。絵師。

f:id:todorirannpu:20190616013633j:plain


学校で習ったよね。アルタミラとかラスコーの洞窟壁画。

太古の昔、まだ人類が文明を持たない頃、洞窟の壁に絵を描いていたのを。教科書などに載っている想像画を見ると、大勢の人間が松明を掲げたり塗料のようなものを塗りたくってたり。私、それを見て太古の人間は皆、絵を描いてたんだと思っていました。それがCOMと言う漫画雑誌で真崎守が「コミッキスト列伝」(つまり漫画家)なる漫画を連載していて、その中に、洞窟で独り、絵を描く若者の話があって、私それを読んで「あ、太古の時代でも人間って役割が違うんだ。狩猟が得意な人間もいれば、絵を描くのが上手な人間もいて、そんな人が洞窟の壁に絵を描いていたんだろうなあ」と気が付いたのです。

人類がまだ他の動物と区別もつかないような時代が(気が遠くなるくらい)長く続いていくうちに、なんか棒きれで地面がすれて線が現れて「あ、これ面白いなあ」で一本の線をずっと引きづってて、それが何かの拍子で角度を変えたら線の端と端がつながって何やら形が出来た。ああ、面白い、線を色々つけ足して「何かに似てる、あ、これ野牛だ」そんな風にして絵が生まれたんだわ、きっと。

そしてその面白さを人一倍感じる人間が絵を描き続けて、周りから「もっと獲物が穫れるように祈りでも、どうせなら絵ばかい描いてるあいつに獲物の絵を描いてもらって祈ろう」とか言われて、そうやって絵や他の芸術家が誕生したんでしょうね。

恐竜100万年」は原題が「One Million Years B.C.」なので紀元前100万年」つまり、100万2千年前ですね。(笑)

その時代には恐竜は滅んでますから、実にいい加減と言えばいい加減な映画ですが、俳優たちが半裸状態で意味不明な言語(?)をあやつり(だから字幕なし)真面目に映画に取り組んでいる姿は立派で、愛すべき映画になっています。

 

 

f:id:todorirannpu:20190616024544j:plain

ラクエル・ウェルチ 綺麗です。(女ガンマン 皆殺しのメロディ)

 

 

 

 

 

ブログのレイアウトを変えたら

はてなキーワードと言うのが付いてきた。?

 

さっきブログのレイアウトを大幅に変えてみました。

今までのは大人しすぎるかなと思って。

で、変えたら、記事の文章の所々に下線が引かれてる!

何これ?クリックしたら、はてなキーワードだって。

その言葉の説明をしてくれてます。アラン・ドロンはどんな人物だとか。有難いけど、有難迷惑だわ…見当はずれのスカタンな解説もあるし。外せないのかな?

 

f:id:todorirannpu:20190616010946j:plain

記事には関係のない画像です。(映画「ハタリ」より)

プレビューでみたら「ハタリ」には下線が引かれてない。

ここは引かなきゃ、ね。

 

 

 

 

 

 

 

あの胸にもう一度

ドS教授が書店の娘に贈った結婚祝いが悲劇の始まり

 

そのドS教授を演じてるのは、はい右の眼鏡の男、アラン・ドロン

彼を見つめている書店の娘レベッカは、まもなく結婚するまだ十代の娘で。この大学教授ダニエル(ドロン)が顔見知りであるレベッカに結婚祝いに一台のオートバイを贈る。

f:id:todorirannpu:20190614163339j:plain

 

映画のオープニングです。

バイクで疾走している感じがよく出てます。 アラン・ドロン

f:id:todorirannpu:20190614163448j:plain

 

ヒロインのレベッカにマリアンヌ・フェイスフル

f:id:todorirannpu:20190614163547j:plain

 

結論から言うと、面白い映画です。きっと原作が面白いのだと思う。

f:id:todorirannpu:20190614163601j:plain

 

大学を出て教師になった真面目で気の弱いところのある恋人と結婚するレベッカ。彼女はすでにダニエルを知っていた。

f:id:todorirannpu:20190614163925j:plain

 

早朝、まだ新婚の夫が眠っているのを確かめてから、全裸に革のジャンプスーツをまとい

f:id:todorirannpu:20190614163943j:plain

 

バイクを走らせるレベッカ (このバイク、ハーレーだそうな)

彼女は国境を越え、ドイツのハイデルベルグへ向かう。ダニエルに逢うために、と言うより彼に抱かれるために。

f:id:todorirannpu:20190614164155j:plain

 

大学教授のダニエルは、恋人とスイスにスキー旅行に来ていたレベッカを恋人よりも先に手を付けるような男だ。(ドロンだからね…彼氏に勝ち目はないわ)

f:id:todorirannpu:20190614164238j:plain

 

バイクを走らせながらレベッカはひたすら夢想する。ダニエルとの逢瀬を。

f:id:todorirannpu:20190614164257j:plain

 

もう逢うまいと結婚を早めた彼女なのに、気が付けばダニエルの虜(ドロンだからね。仕方がないわ)

f:id:todorirannpu:20190614164404j:plain


こんな事するからね。ドロンだからね。何しても許されるわ。

f:id:todorirannpu:20190614164423j:plain

 

あと少し、もうすぐ逢える。あの胸にもう一度…悦びの頂点の彼女…

f:id:todorirannpu:20190614164442j:plain

 

そして…(この車、左ハンドルだから運転手は無事?)

f:id:todorirannpu:20190614164525j:plain

 

この映画が公開された1968年、私はティーンエイジャーで、この映画が評判になったのも覚えています。全裸にジャンプスーツをまとったヒロインのエロティシズムも。このヒロインが峰不二子のモデルだそうですが、現在の私から見れば(ふーん)と言う感じでしかなく、(正直言って還暦過ぎてる)私から見れば、小娘にしか見えないのです。大人の女の峰不二子とは違うんじゃないのって気持ちの方が強いのですが、時間の流れには逆らえません。

その小娘を蹂躙する男と虜になってゆく女と言うストーリーを1時間半ほどで上手く収めていて、バイクで疾走する街や森の風景も、早朝の朝もやから段々と人々が行きかうざわめきの様子が感じ取れて、この映画に抱いていた一種の偏見が剥がれました。

ただSEXシーンのサイケな演出や(当時の)女優は脱いでナンボと言う風潮が時代をもろに感じさせます。時代にぶれない男、ドロンはさすがですが。

 

 

 

 

「キングコング対ゴジラ」のどうでも良い疑問

この団地の間取り等はどうなっているのだろう?

えー、一応映画の話ですが、実は映画の中身には全く関係のない疑問でして、興味のない方はスルーして下さっても良いです。

この映画の人間サイドの主人公は高島忠夫で、浜美枝演ずるその妹がヒロインな訳です。この兄妹は団地に住んでるようです。

この団地(うっすらと私が写り込んでますが気になさらず)

f:id:todorirannpu:20190612011406j:plain

 

で、足早に高島が帰ってくる。

f:id:todorirannpu:20190612011552j:plain

 

妹の名前を呼ぶ。(玄関に靴箱らしきものが無い)

f:id:todorirannpu:20190612011611j:plain

 

浜美枝が台所から出てくる。その後ろから恋人の佐原健二も。

f:id:todorirannpu:20190612011630j:plain

 

南の島へ取材に行く自分のための送別会を開いてくれてると思っていたら、佐原も仕事で出張、その送別会と知り。

f:id:todorirannpu:20190612011652j:plain

 

 

f:id:todorirannpu:20190612011722j:plain

 

佐原は新しく開発された強靭な繊維の実力を披露する。

(一番上の団地の写真を見ると、こんなに広く大きな窓には見えない)

f:id:todorirannpu:20190612011749j:plain

 

「危ない!」と止める高島(高島と佐原は向き合ってることになる)

f:id:todorirannpu:20190612011808j:plain

 

部屋に戻って高島の向かいに座る佐原。確かに窓は佐原の後ろにある。

f:id:todorirannpu:20190612011826j:plain

 

高島の左越しに玄関のドア。。。?

団地の写真で判断すると、佐原が外に出た窓は玄関の向かい側になるはずだが…

f:id:todorirannpu:20190612011848j:plain

 

後日、浜美枝の友人(同じ団地に住んでる)の若林暎子がやってくる。この玄関の白いポールが交差したような間仕切り(?)の位置が上から3枚目の写真とは反対側になっている)

f:id:todorirannpu:20190612011910j:plain

 

DKと反対側のこちらはリビングなのだろうか。

浜美枝は同じワンピースを着ているが別の日)

完全に(三人が食事をしていた号室とは)雰囲気が違う。部屋の模様替えをした? それとも、ここは佐原の号室?同じ団地に住んでる?

f:id:todorirannpu:20190612011956j:plain

 

飾り棚の隣には三面鏡。(やはり兄妹の号室なのだろう)

f:id:todorirannpu:20190612012017j:plain

 

奥のカーテンを開ければ窓? やっぱり玄関との位置関係が?

それに奥の部屋って、高島の股下くらいの高さがある。この段差をどうやって上るんだ? なんと酷い設計の団地だ。

f:id:todorirannpu:20190612012043j:plain

 

出張から帰ってきた佐原 通路の灯の数が二つ目の号室

高島は三つ目の灯を通り抜けてた。号室が違うのか?

ここは佐原の号室で、高島と佐原は同じ団地に住んでいるんだろうか? この後、若林暎子が来て、浜美枝疎開したと教えてるから、やはりここは兄妹の号室。。。

何だか訳が分からん…

f:id:todorirannpu:20190612012110j:plain

 

あ、本来の主人公はこの二大巨頭

この写真、別の記事でも使用する予定です。乞うご期待。。。

f:id:todorirannpu:20190612012125j:plain

 

 

 

 

みんなで虎になったよ。

テレビで虎の絵が出てたから、僕たちも虎になったよ。

 

f:id:todorirannpu:20190608225559j:plain

でも本当はそんなに酔ってないんだ。だって全部飲んる訳じゃないからね。缶の中身をね、1/3くらい残してね。

そしたら不思議だね、こんな風に斜めに立てるんだ。

やってみて。

 

この人物は石坂浩二?

ドラマ「正塚の婆さん」

 

f:id:todorirannpu:20190529011106j:plain

たまたまCSで見た古いドラマ「正塚の婆さん」のワンシーンです。

昭和38年(!)のドラマだそうで。上の写真の左から二人目の男性なんですが、ひょっとして石坂浩二!?

ノンクレジットでこのシーンにのみ写っているので分かりづらいのですが、私は見逃さなかった! 石坂浩二がブレークしたのは昭和40年のNHK大河「太閤記」の石田三成役なので、その2年前なら無名の若手俳優だったかも知れない。

 

 さて、ドラマの方

f:id:todorirannpu:20190529011256j:plain

三益愛子が主役のおくに婆さんを演じてます。これは心を入れ替えて優しい婆さんになったと言われたころの笑顔。それまでは意地悪ばあさんでした。

この意地悪な婆さん、三途の川で亡者から金をふんだくる正塚婆(奪衣婆)に似ていると寺の坊主に言われます。

この婆さんが検察審査会のメンバーに選ばれたことから、ある事件を立件するかどうかで皆で話し合いの場が開かれ、民主主義に目覚める話…

おくに婆さん、優しい婆さんになった訳ではなく、市長にイタズラしたりしてその実像をあばき、呆れ果てて「日本の民主主義はどうなってしまうんだよ!」と叫ぶシーンで終わります。

最初、検察審査会のメンバーが無作為に選ばれて集まるシーンは映画「十二人の怒れる男」を彷彿させます。そしてあれこれ審議して、しかしメンバーの団結心むなしく原告が告訴を取り下げてしまいます。

十二人の陪審員が意見を述べ合い、11対1だった被告の有罪を無罪にくつがえす胸のすく映画「十二人の怒れる男」のようには行かない現実を訴えているドラマです。が、

もう56年の前のドラマを令和の今、見ると陳腐な気がしないでもありません。昭和38年、私は小学生だったので、当時の日本の世相なんか知らないけれど、戦後18年で日本の隅々に民主主義が浸透していたとは思えないし、現在は民主主義よりも人権を重視している風潮があるので。もっとも民主主義も人権も中途半端な気がします。大阪の読売テレビの情報番組がそれを露呈してしまいましたね。

脚本は橋本忍、演出は大山勝美、演出助手に久世光彦実相寺昭雄錚々たるスタッフ陣のドラマでした。

 

 

 

 

 

♪旅行けば静岡

ちびまるこちゃんと熱海と富士山と…

もっかyahooでダイエット日記をアップし続けているので、せっかく参入したはてなでの記事がおろそかに。覗いてくださる読者さんの数も減り続けてきました。これはイカンと、久々の記事です。

22,23両日、友人と二人で静岡へ旅行してきました。旅の目的はいずれ記事にしますが、とりあえず写真を。

これが目的と言えば言える。。。↓

f:id:todorirannpu:20190524235041j:plain

 

恥ずかしながら、この地も静岡県だという認識はありませんでした。

f:id:todorirannpu:20190524235128j:plain

 

エスパルスアミューズメントパークがありました。

f:id:todorirannpu:20190524235237j:plain

 

観覧車を真横から見た所

f:id:todorirannpu:20190524235306j:plain

 

パークの中にありました。入場料600円…

f:id:todorirannpu:20190524235358j:plain

 

この山、この山は、もしや…!

こんなに晴れているのに、この程度しか拝むことが出来ないなんて!

f:id:todorirannpu:20190524235432j:plain

 

私、京都から東は、一っ跳びに東京まで行ってしまうので、間を知りません。名古屋にも行ったことがないし。旅行で東海道本線に乗ったのは初めてです。東京へ行くときは新幹線ですから。(静岡までは新幹線)

静岡がこんなに広く大きな県だとは思いませんでした。浜松から伊豆まで全部静岡県なんですね。静岡市も都会でした。(失礼しました)

もうちょっと詳しく静岡の旅を書いて行きます。

                        つづく