らんぷの仕業

s’il vous plait  よろしくお願いします。

実はPCを分かっていない。。。

ブログなんかやってると「PCに詳しい」と思われてしまう事があるけれど、実は、はい、全くわかっていません。

一昨日から昨日にかけてPCが絶不調。私が何かしでかしたらしい。(何をしでかしたのかも分からない)

outlookが開かない。夫に泣きついて修復してもらったが、夫に頼むと必ず「はてな」「アメーバ」「✕」がログアウトしてしまう。。。これ、困る。

私、苦手なのよ。パスワードを記憶、記録するのが。

はい、「はてな」は何とか。アメーバも✕もアカウントを取る時四苦八苦して気が付いたら何故かログインしてた…そんな感じなのでパスワードなんか覚えていない。

また「私はロボットじゃありません」とか信号機はいくつとかの問題クリアしなきゃいけないのかと思うとぞっとする。

そりゃもう真夜中にジタバタして何とかアメーバは復活。✕はメルアドを送ってパスワードを変更しようとしたら…あれっ、やっぱりoutlookが開かない…

 

あらっ、保存するつもりが公開するをクリックしてしまった。

すみません、続きは明日以降。しばらく画像無しかも。(画像も送れないから)

北海道の歌31連発です♬

私の好きな北海道の歌を集めました。千歳~函館 時計回りです。

youtubeに1時間にわたる北海道の歌を紹介した動画があるのです。それが好きでよく聴いています。知らなかった北海道の歌も多く載ってるんですが、途中でフェードアウトしたり私の好きな歌で入ってない曲も多かったりで不満な部分もあって、私の好きな北海道の歌を集めてみました。youtubeの動画を真似て時計回りで。では。

写真は5年前の物から今回の旅の物まで色々です。

 

前回の記事に載せたペンケトー 北海道の形をした湖

 

新千歳

これは5年前の新千歳空港です。

 

空港の中に映画館もある。1日中いても退屈しない空港です。

 

新千歳空港にこの歌の歌詞モニュメントがあるそうです。


www.youtube.com

 

小樽

旅行したのがブログを始める前なので写真がありません。

 

札幌から近い小樽へ。小樽は初めての北海道旅行で行きましたが、申し訳ないけれど、あまり印象に残っていません。人が多いだけ…そんな印象でした。


www.youtube.com

 

私は、この人のこの歌を紅白で聴きたい!


www.youtube.com

 

昔、聴いたことがある歌です。


www.youtube.com

 

札幌

もう何度も訪れたことのある街で、好きな街ですが住みたいとは思いません。

私、雪道をまともに歩けないので…💦っ

 

有名なニッカの看板 すすきのですね。

 

はい、好きです この歌。


www.youtube.com

 

裕次郎は北の街が似合う。。。


www.youtube.com

 

本人の歌唱が見つけられなかったので、一番近い声と思った人のカバーで。


www.youtube.com

 

宗谷

ここもブログ以前に旅行したので写真なし

 

爽やかな歌です。宗谷岬って(何故か)暗いイメージがあったので聴いて意外な気がした歌です。m(__)m 行ってみると暗くなんか無かったです。


www.youtube.com

 

旭川が舞台の三浦綾子の小説「氷点」を歌った歌謡曲です。


www.youtube.com

 

CSの日テレの「鉄道発見伝」(なんか唐突に終了した感がある番組)の中で時々、とても軽快な音楽が流れてて、でもこの曲どこかで聴いたことがあると思い続けていて、ある日ハタと気づいた。「北の国から」のテーマ曲のテンポを上げてるんだと。


www.youtube.com

 

網走

ここも3回ほど訪れています。

 

こちらは博物館ではなく現在も収容者のいる網走刑務所

「何でこんな所で写真撮るねん」とブツクサ言う夫に撮らせました。

 

番外地の健さんが歌います。

歌詞の♫きすひけ きすひけ きすぐれて~とは♫酒を飲んで飲んで飲みつぶれて~と言うような意味だそうです。


www.youtube.com

 

知床

流氷 姉にこの画像を送ったら「こんなもん?」と返ってきた。

姉は氷山のような物を想像してたらしい。

 

大きな声では言わないけれど「琵琶湖周航の歌」に似てる…


www.youtube.com

 

ラクとは…NHKの番組で知ったんですが、野付半島のはずれにキラクと言う、一夜にして海に消えた遊廓街があったんだとか。寒風吹きすさぶ中を赤い襦袢姿の女郎たちがよたよたと歩いて行く幻のようなシーンがあって、それが忘れられません。

本当にあった街なのかどうか…


www.youtube.com

 

この人の歌声がどこまでも淋しい…(好きだけど)


www.youtube.com

 

摩周湖

以前行った時は見事に霧の摩周湖でした。今回やっと湖の全貌を見下ろせました。

 

あまり訪問者のいない摩周駅

 

私が初めて聴いた北海道の歌がこの歌でした。


www.youtube.com

 

 

この歌、かっては歌自慢の男性が「のど自慢」でかならず歌ってて、出場者がこの歌ばかりだったこともあるとか。声量の要る歌です。


www.youtube.com

 

「君の名は」の挿入歌だそうです。この歌も歌唱力が要ります。


www.youtube.com

 

今回の旅行で根室本線、石勝線に4時間も乗っていたのに列車も風景も撮れず… 4時間何をしてたかも覚えてない。寝てたのか。。。

 

どんどん廃線になって行く北海道の鉄道…


www.youtube.com

 

阿寒湖の歌ですね。


www.youtube.com

 

釧路

霧の街、釧路 ロマンチックな風景の広がる街でした。


釧路駅です。

 

幣舞橋が出てくるので、かろうじて釧路の歌と分かる…


www.youtube.com

 

個人的にはこの人のファンなんですが、この人の歌、実は一つも知りません。

ご当地ソングの女王として大ヒットを飛ばしてほしい。


www.youtube.com

 

歌詞にある「挽歌の街」とはベストセラーになった原田康子の小説「挽歌」の舞台が釧路だから。旭川と釧路は私の憧れの地です。


www.youtube.com

 

足寄

松山千春。。。

 

 

北海道の人は決して「千春」とは呼び捨てにしない?

これまで北海道のガイドさんはみんな「千春さん」と呼んでました。

 


www.youtube.com

 

私ら世代の旅行キャンペーンソング…


www.youtube.com

 

帯広

あまり意識したことのない街だったんですが、十勝平野の中の大きな街でした。

5年前に泊まったホテルから見渡せた帯広の街

 

この歌、youtubeで知りました。何となく好きな歌です。( ̄▽ ̄)


www.youtube.com

 

そして印象に残る風景の多い十勝平野です。タウシュベツ川橋梁もそうですが

5年前に見た音更町の冬の祭り「彩凛華」や然別コタンも忘れられません。

 

 

歌謡界の女王の歌です。歌詞は今一つな気がする。。。


www.youtube.com

 

襟裳岬は行ったことがありません。夫は死ぬまでに行きたいと申してます。

 

夫がこの歌を好きなんです。


www.youtube.com

 

本当は森進一じゃなく拓郎で載せたかったけど、拓郎はこっちで。

北海道の歌ではないかも知れないけど「苫小牧」が出てくるので。


www.youtube.com

 

森進一と森昌子の間に拓郎を挟んだのは私の気遣いです。(こらっ何を言うんだ)


www.youtube.com

 

函館

ご存知、函館山からの夜景です。

 

函館旅行で手に入れたマンホールカード

 

北海道が生んだ演歌の大御所の歌


www.youtube.com

 

TAKE OFF前のANA機 関空です。(順番が逆ですね。この写真が最初になります)

 

裕次郎で締めくくろう。


www.youtube.com

 

なかなか思う様に記事が書けないのでダイジェストです。

後は北海道で食べたものの記事を。

                   6/1

 

 

 

 

 

北海道は本当にでっかいどー!

道東は自然だらけ…

タウシュベツあり

 

 

 

黄山あり

 

摩周湖あり

 

霧の摩周湖


www.youtube.com

 

オンネトーあり(雌阿寒岳が見える)

 

美幌峠(びほろとうげ)あり 屈斜路湖が見えてます。

 

歌碑あり

 

「美幌峠」


www.youtube.com

 

あ、北海道! バスの車窓からペンケトー(北海道の形をしてます)が見えた。

 

田和平(たわだいら)あり 360度地平線です。

 

北海道は何故この地をもっとPRしないんだろ?と思ったほど壮観だった田和平

今回の目的はタウシュベツだったけど、来てみて一番感動したのは田和平でした。

タウシュベツも凄いと思ったけれど。

 

釧路湿原あり

 


www.youtube.com

 

札幌と言う大都会もあります。。。

(北海道の人口は約500万人で、札幌周辺に200万人の人が住んでるんですね)


4日間、道東を中心に旅行してきました。旅行記事、書けるかどうか分からないのでとりあえずダイジェストです。

 

                  5/28

 

 

 

ムカデが出たので眠れません。

捕獲駆除に失敗。。。

 

現在午前4時。眼が冴えて眠れません。

2時過ぎまでは眠気と闘いながらyoutubeの赤ちゃんの動画を見てにやけてたんですが。

さてもう寝ようと自分の部屋に入って何気にPC机の足元を見ると体調5センチほどの、ム、ム、ム、ムカデがぁぁぁぁぁ!!!! 今、我が家には私しかいないんだ!

あああ、どうしたら良いんだ。そうだ!咄嗟に思い出したのがブロ友の猫姫さんが数日前にアップしていた記事。ムカデをトングで挟んで熱湯をかける…それだ。

台所でお湯を沸かし、洗面器に移して、トングを握って私の部屋へ…

ムカデはさっきから全く動かず。死んでるのかな、とソロリとトングで…、途端にシュルッとカーペットの下に隠れてしまった。しまったあ! 取り逃がした!

「ムカデは絶対退治せなアカン」と夫はムカデを見ると必ず金づちで頭を叩き潰していた。ムカデ、もちろん暴れるけど…あー、逃がした。夫に何を言われるか…

私、Gは瞬殺出来るんです。反対に夫はGを見ると飛び上がります。「殺して殺して」と私に訴えます。「がはは、まかせておけ」と私は素早く逃げるGめがけてスリッパで踏みつぶし。。。

しかし、踏みつぶす訳にいかないカメムシと昔、弟が刺されて膨れ上がった親指を見て以来の蜂が怖い。

夫が帰ってくるまで眠れそうにない。あなた、早く帰ってきてぇ。その時は無く出を必殺できる殺虫剤(?)も買ってきて。

 

ヘッダーは「瀬田橋上に秀郷竜女を救ふ」と言う絵です。

藤原秀郷は別名、俵藤太。 大ムカデ退治で有名な人物です。

                   

                    5/12

 

 

 

中之島を歩く② 天満橋あたりをぷらぷらと

コバトパンと星霜珈琲店

 

私の住む泉北ニュータウンから中之島の美術館界隈へ出向くのはちと面倒くさいのです。

泉北高速鉄道で難波まで出て地下鉄御堂筋線に乗り換えても、新今宮環状線に乗り換えても、天下茶屋で地下鉄堺筋線に乗り換えても、まだもう一つ乗り換えなきゃいけないのです。京阪中之島線。この始発駅が淀屋橋でも京橋でもなく天満橋だからです。

御堂筋線なら淀屋橋で降りて大江橋駅まで歩いてそこから乗車(距離は大したことないですが地上を歩きたくない)、淀屋橋にも京橋にも電車は止まらないのです。

そんな訳でこの界隈の帰りは美術館の最寄りの渡辺橋駅から乗って天満橋谷町線に乗り換えるか、京橋で環状線に乗り換えるかです。

どっちにしようか、あまりなじみのない京橋より天満橋の方が面白そう(天満橋界隈なら独身時代のテリトリーです。( ̄▽ ̄)

天満橋で降りました。電車を降りて地上に出て目の前の天満橋を渡ります。わたって西へ歩きます。

 

この地図の載っているコバトパンと言うパン屋さんに行こうと思い立ったのです。

youtubeで見つけてなんと可愛い店構えと気に入りました。

 

この店でございます。店内も可愛い、と言うか狭いけど。

 

店の袋もどこか懐かしい図柄

 

パンんを三つ買いました。

おどけた表情のパンがありますね。

 

このパン、タマ助と言う名前があるそうです。

なんか食べるのが。。。 食べたけど。

 

パンを買って大川沿いに天神橋の方へ歩いて行くと、こんなカフェがありました。

 

 

星霜珈琲店と言うカフェです。

 

店内

 

ご夫婦かな。お二人で店を開いています。店主が色々と珈琲の好みを聞いてくれて私に合う豆を選んでくれました。

 

正直、私にはよく分らなかったけど、他に客もいなかったので落ち着いてゆっくりと珈琲を味わえました。ここで男性客が一人入店してきました。色々と店主に訊いていました。ブロガーかな、そんな感じ。動画を撮ってなかったからユーチューバーではなさそうだけどそんな人が出入りしてそうな雰囲気の店でした。

 

このカフェの側にノームと言う小さなホテルがありました。このホテルもyoutubeで見つけて、女の子に好まれそうな可愛いホテルでちょっと覗いてみようと通りがかったんですが、店内を改装中かな、入れませんでした。



私、結婚するまでここからもぅ少し西の菅原町と言うところで働いていたし、その他いろいろ天神橋の商店街やらに黒歴史もひっくるめて青春時代の思い出がいっぱいの場所で心をざわつかせながら懐かしさも覚えつつこの辺りを歩いていました。

40年以上も前だから、この辺りもすっかり様変わりしてしまってるんですが。

       

                5/6

 

 

 

中之島を歩く① 大阪大学中之島センター

大阪大学中之島センターで「服部良一笠置シヅ子展」を見る。

 

もう1か月以上前になりますが、2~3月の約1か月間、某所で仕事をしまして、その職場に大阪市の広報紙やらが置いてありまして、それに大阪大学中之島センターと言うところで「服部良一笠置シヅ子展」開催中という記事が載っていまして、その大阪大学センターって中之島のどの辺にあるんだろうと、就業期間中に1日だけ体調不良と偽って休みを貰って(こらっ)訪ねてみました。

 

中之島にこんな施設があるなんて全く知りませんでした。

もっと宣伝すればよいのに。

 

場所は何処かと言いますと、後ろの黒い建物はまだ開館して2年ほどの中の島美術館です。そして手前の彫刻の右隣の建物です。(画像には写ってないですが)

 

ちょっと入りにくい雰囲気が…

 

この建物の4階のコーナーです。… エレベーターで上がりました。

NHKで「ヴギウギ」放送期間だったのでこんな企画が出来たんでしょうね。まあ私の他には男性が一人だけでしたけどね。

服部良一笠置シヅ子については以前に記事にしたので割愛。

服部良一笠置シヅ子に初めて会った時「こんなショボい、つけまつげバチバチの女の子が…歌って踊りだすとそのエネルギッシュな姿に魅せられた…」と語っています。

 

1階のフロアです。

 

2階にカフェがあると書かれてたので階段を上ってみました。

 

こんな写真しか撮れませんでした。フロアは広いですが、人が写りこむので止めました。賢そうな客ばかり…(そうでないのがここにいる)

窓際の席へ。ソファでした。

 

オムライスを注文。コーヒー付いてます。

 

中身です。普通に美味しい。

ただ、厨房でなんか怒鳴り声が聞こえたんです。(食券買って受付に渡した時に)日常的に怒鳴ってるのかしら、コックさん(かどうか知らんけど、怒鳴るなら客に聞こえないところで怒鳴ってほしい)

それから、注文してから出来るまでけっこう待たされた(10分 一人で手持ち無沙汰だと永く感じる)

そんなマイナスポイントもあるけれど、静かだし綺麗だし人は少ないし、でけっこう穴場スポットだと思います。

 

上品なトイレでした。

 

こんな穴場的な場所があるので、面白い企画がある時など寄ってみては如何でしょうか。

 

         つづく          4/28

 

芸大の卒展を見に行く

私より2歳年上の友人なんですが。

 

「果てしなき情熱」を一緒に観に行った友人、Kさんの大学の卒業制作展を見に京都の茶山と言うところまで出かけました。1か月以上前の3月18日ですけどね。

え、Kさんって大学生だったのって? 私より年上です。

さっきKさんご本人からメールもらって「歳がバレた」と書かれてたので(抗議じゃないけど)さっきまでここに書いた故人歌手のお名前は削除させて頂きます。( ̄▽ ̄)

Kさんとはもう45年以上の長い付き合いになる友人です。映画友達の一人です。昔から浦山桐郎監督のファンで「浦山桐郎をさぼらせへん会」と言う私設ファンクラブを立ち上げた一人です。もう一人の立ち上げ人のI氏と一緒に監督の「てだのふぁ太陽の子」に監督命令で冒頭のシーンにエキストラ出演しています。(遠景なので顔は分かりません)余談ですが、このI氏、その後、某週刊誌(廃刊しましたが「右手に少年マガジン、左手に某」と言われた)のノンフィクション賞を受賞してライターになり(前身は新聞記者でした)一度「朝まで生テレビ」に出演しています。

絵も描くKさんは天王寺の画廊で毎年グループ展を開いていて私、案内状を貰ってはKさんの絵を拝見させてもらっています。

後日、中の島でランチなんぞをご一緒した時に「実は4年間京都の芸大に通ってた」と聞いたのです。

画廊で拝見させてもらったんですが、彼女の絵の題材が「骨盤」。。。絵を観て「これ、本物!?」と仰天する私に「何でやの。模型やん」とKさんが笑うのです。

骨盤の模型って売ってるんだ…人体模型だってあるもんね。骨盤があっても不思議じゃないわ…その骨盤を卒業制作として新たに描いていました。百号のキャンバスに…

もうそれだけで私はタジタジになってしまいました。

Kさんが4年間学んだ大学は京都芸術大学通信制の洋画コース

京都芸大…夫に聞いたら夫は知っていました。旧名は京都造形大学。そのことで京都市立芸大から訴えられたってニュースになったらしい。私、何にも知らないなあ…

Kさんが永く介護を続けていたお父さんが亡くなられて、もう一度絵を描こうと決心したそうなんですが、入学した年が2020年でコロナ禍となり通信制とは言え、ずっとリモートだったそうです。それでも卒業制作の絵を直接見てもらうために4回ほど、絵を梱包して大学へ送り、自分も大学へ出向いてそこで制作、教授にアドバイスを受けて、また自宅に送って自宅で描いて、また大学へ送り…を4回繰り返したそうです。

私はそれを聞いて眩暈すら覚えました。Kさんの情熱に。この歳になって(m(__)m)4年間の大学生活を送ろうとする勇気。Kさんが言うにはこの大学は入学は誰でも可能なんだとか。問題は卒業。単位を取らなきゃいけない。大学生活は初めてというKさんは大学は単位を取らなきゃ卒業できないと言う事を知らなかったそうで、最初の1年、絵ばかり描いていたのが2年3年生の時はレポートを書くことに必死だったとか。

卒展で他の学生たち(それこそ老若男女)の作品を拝見して私にはこんな行動力は無いなあとため息が出ました。(それでも大いなる刺激を受けたのも事実)

現在、ある芸能人(引退宣言してたから元芸能人か)が書画コースに在籍してるのだとか。橋幸夫、この人は長い芸能生活で自分のサインを書き続けてきて書道にずっと興味を抱き続けていたんだそうです。それで芸能界を引退した今、もう一度学ぼうと決意して入学したそうです。やるじゃないの橋幸夫

 

この通路の(写真の左側)左は私の苦手な大階段になっています。

大学の外観を撮り忘れたのですが、ギリシャパルテノン神殿のようです。

撮り忘れたのは叡電茶山駅から15分くらいヒイヒイ言いながら歩いて来たから。写真撮る余裕がありません。ずっと緩い上り坂だったしね。

帰りはバスで京都駅までの方が楽だと教えられました。はい、バスにします。

 

 

 

 

これが大階段 下りは自分の脚で降りました。上りはエレベーターに乗りました。

 

何やってるんでしょうか、このオバちゃん。。。

 

大学の1階(地下?)にある進々堂で休憩 進々堂の横に通路があって歩いて行くとエレベーターホールがあります。

 

コロッケバーガーとカレーパンとコーヒー

 

Kさんはこの後、他の人たちと用事があるので、ここで別れて私は大学の前にあるバス停からバスに乗って京都駅まで帰りました。

Kさんが言うには「ここからなら座っていけるけど、2つ次の停留所から混むから絶対座っているように」 なるほど2つ次の停留所と言うのが銀閣寺前。激混みになりましたが、おかげで京都駅までの約1時間、座っていられました。


久々の刺激でした。1か月の仕事が終わった二日後だったので、しばらくは夢うつつ状態でした。その後にまたKさんと映画を観に行って…私、今でもボーっとしています。
早く現実に戻らねば…

                        4/21