らんぷの仕業

ブログのタイトル変えました。

あの胸にもう一度

ドS教授が書店の娘に贈った結婚祝いが悲劇の始まり

 

そのドS教授を演じてるのは、はい右の眼鏡の男、アラン・ドロン

彼を見つめている書店の娘レベッカは、まもなく結婚するまだ十代の娘で。この大学教授ダニエル(ドロン)が顔見知りであるレベッカに結婚祝いに一台のオートバイを贈る。

f:id:todorirannpu:20190614163339j:plain

 

映画のオープニングです。

バイクで疾走している感じがよく出てます。 アラン・ドロン

f:id:todorirannpu:20190614163448j:plain

 

ヒロインのレベッカにマリアンヌ・フェイスフル

f:id:todorirannpu:20190614163547j:plain

 

結論から言うと、面白い映画です。きっと原作が面白いのだと思う。

f:id:todorirannpu:20190614163601j:plain

 

大学を出て教師になった真面目で気の弱いところのある恋人と結婚するレベッカ。彼女はすでにダニエルを知っていた。

f:id:todorirannpu:20190614163925j:plain

 

早朝、まだ新婚の夫が眠っているのを確かめてから、全裸に革のジャンプスーツをまとい

f:id:todorirannpu:20190614163943j:plain

 

バイクを走らせるレベッカ (このバイク、ハーレーだそうな)

彼女は国境を越え、ドイツのハイデルベルグへ向かう。ダニエルに逢うために、と言うより彼に抱かれるために。

f:id:todorirannpu:20190614164155j:plain

 

大学教授のダニエルは、恋人とスイスにスキー旅行に来ていたレベッカを恋人よりも先に手を付けるような男だ。(ドロンだからね…彼氏に勝ち目はないわ)

f:id:todorirannpu:20190614164238j:plain

 

バイクを走らせながらレベッカはひたすら夢想する。ダニエルとの逢瀬を。

f:id:todorirannpu:20190614164257j:plain

 

もう逢うまいと結婚を早めた彼女なのに、気が付けばダニエルの虜(ドロンだからね。仕方がないわ)

f:id:todorirannpu:20190614164404j:plain


こんな事するからね。ドロンだからね。何しても許されるわ。

f:id:todorirannpu:20190614164423j:plain

 

あと少し、もうすぐ逢える。あの胸にもう一度…悦びの頂点の彼女…

f:id:todorirannpu:20190614164442j:plain

 

そして…(この車、左ハンドルだから運転手は無事?)

f:id:todorirannpu:20190614164525j:plain

 

この映画が公開された1968年、私はティーンエイジャーで、この映画が評判になったのも覚えています。全裸にジャンプスーツをまとったヒロインのエロティシズムも。このヒロインが峰不二子のモデルだそうですが、現在の私から見れば(ふーん)と言う感じでしかなく、(正直言って還暦過ぎてる)私から見れば、小娘にしか見えないのです。大人の女の峰不二子とは違うんじゃないのって気持ちの方が強いのですが、時間の流れには逆らえません。

その小娘を蹂躙する男と虜になってゆく女と言うストーリーを1時間半ほどで上手く収めていて、バイクで疾走する街や森の風景も、早朝の朝もやから段々と人々が行きかうざわめきの様子が感じ取れて、この映画に抱いていた一種の偏見が剥がれました。

ただSEXシーンのサイケな演出や(当時の)女優は脱いでナンボと言う風潮が時代をもろに感じさせます。時代にぶれない男、ドロンはさすがですが。