らんぷの仕業

s’il vous plait  よろしくお願いします。

ハズレて本を。。。

月曜の朝からハズレとは。。。( ̄べ ̄)

 

こんなのが出たので、たぬくじに挑戦

f:id:todorirannpu:20200928102758j:plain

 

どくしょ運アップ!

f:id:todorirannpu:20200928102820j:plain

 

最近読んだ本をピックアップ 短編ばかり。。。

 

「大江戸ホラーコレクション」

震え上がるほど怖い話はない。気味の悪い話など。

皆川博子の「妖笛」が群を抜いて面白かった。忠臣蔵後日談とも言おうか。事件後、幽閉されて自害した吉良の孫の顛末を、付き人の武士の目を通して描いている。この非業の死も、語り部の武士が嫌ってるもう一人の付き人の目から見れば、自分の笛の自慢話になるのだろう。

 

「飛田ホテル」

大阪の飛田は特異な街だそうな。私は行ったことがない、おそらく行くこともないと思うが。戦後から30年代頃の飛田に巣食う人々の悲哀が描かれている。(大部分が男女の痴情) 

黒岩重吾、懐かしい名前だ。私が子供の頃の流行作家。源氏鶏太目白三平獅子文六梶山季之、石坂洋二郎…今はほとんど名前を聞かない。

 

「PRIDE AND PREJUDICE」

ジェーン・オースティンの「高慢と偏見」です。

古本屋で150円で売ってたので「原文で読んでやろ」と買ってきて…

挫折して中断。。。

 The most conspicous qualities of Pride and Prejudice are its infectious,high/spirited gaiety and a certain emotional hardness towards characters themselves sharply outlined without the more aympathetic subtlety which is conspicuous in almost all Miss Austen's work.

↑これ、冒頭の文章です。どなたか訳してぇ!(まだ話には入ってないですよね?)

 

「ロシア怪談集」

どの作品にも幽霊、吸血鬼、妖怪が登場するんですが、ちっとも怖くない。ロシア人ってこんなのが怖いのかな?

ゴーゴリの「ヴィイ」も収録。伝説のソビエトのホラー映画「妖婆 死棺の呪い」(傑作)の原作です。

 

「京大芸人」

娘が「サクッと読めるから読んでみ」と貸してくれた本。娘はロザンの菅ちゃんのファンなのです。その菅広文の著作。相方の宇治原の事が書かれています。

びっくりしたのは宇治原の(高校時代)勉強法。真剣そのもの。

24時間中11時間を勉強に充てている。その細かいスケジュールも作って。

「もし、勉強中に俺が電話がしたら?」と菅が聞くと「でえへん」

菅がスケジュールを忘れて勉強中に電話したら宇治原のお母さんが電話に出て「後でかけ直すって」 翌日の宇治原のテレビを見る(スケジュール)時間に宇治原から電話がかかってきて、

「ごめん、昨日、電話くれたやろ」「…うん」「何やったん?」「いや、何してるかなと思って」「昨日?」「うん」「勉強してたで」「そうやんな」

宇治原って勉強が好きなんだろうなあ。でも、これくらいしなきゃ京大には入れないものなのかも知れない。勉強嫌いの私には別世界の話だ。

しかし、この二人、10年後には芸人ではないような気がする。芸能界で他のポジションにいるかも。だって、お笑い部分は面白くないもの。

f:id:todorirannpu:20200928102848j:plain

 

ところでもう一人の菅はこの先、日本をどこへ導いてくれるんだろう。って、我ながら上手くオチをつけました。( ̄▽ ̄)

 

♪本棚に目をやれば あの頃読んだ小説~


学生時代 ペギー葉山(1996 OA)