らんぷの仕業

ブログのタイトル変えました。

今年の女は目で勝負

だって口元は隠れてるんだもの。

 

京都三条 糸屋の娘  姉は十六 妹は十四

諸国大名は弓矢で殺す 糸屋の娘は目で殺す

↑この詩は「起承転結」を説明するときに登場する事の多い詩ですが、(詳細はネットでいくらでも出てくるので各自で検索してください)

今年ほど目がものを言う年(ひょっとして来年も?)は無いのです。

だってみんな口元を隠してるから。今年は口紅が売れないそうです。

私なんか口紅どころか、ここぞとばかりにノーメイクです。ノーメイクで外を歩ける顔じゃないのに、平気だから怖いわ。

私の太い足はGを(素足じゃない)、太い腕は蚊を必殺ですが、目は何も殺せません。流し目で男を悩殺する女に一度くらいはなってみたかったわ。

f:id:todorirannpu:20200803130007j:plain

 

そんな訳でこの歌。1983年のヒット曲です。某化粧品メーカーの夏のキャンペーンのイメージソングでした。

ラッツアンドスターの映像を探したけど、音がイマイチだったので、鈴木雅之のソロで。


鈴木雅之 - め組のひと

 

夏は眼も口元も隠した方が良いのでしょうね。この人みたいに。(ちと暑苦しい)

f:id:todorirannpu:20200803134232j:plain

 

ついでだから、この人の歌もどうぞ。


月光仮面は誰でしょう?

この番組の本放送の時、うちにはまだテレビがありませんでした。

近所の家で見せてもらってたらしいんだけど記憶にありません。

だから月光仮面は私のヒーローではなかったのです。

私のヒーローは「快傑ハリマオ」でした。( ̄▽ ̄)

ハリマオ役の勝木敏之の目力もすごかった記憶が。。。