らんぷの仕業

ブログのタイトル変えました。

羅小黒戦記(ロシャオヘイセンキ)

主人公の黒猫ちゃんがメッチャ可愛い中国製アニメ

f:id:todorirannpu:20191115211615j:plain

 

yahooブログ時代から何度か訪問させてもらっていたブロ友さんがアメブロで紹介していた中国製アニメ作品で、あまりにこの猫ちゃんが可愛いので「見たい見たい!」とコメントしたら、関西では京都で上映中と教えて頂きました。

で、今日、寒風吹きすざぶ中を京都の出町柳まで観に行ってきました。

羅小黒(ロシャオヘイ)とは主人公の黒猫の名前。彼は猫の姿をした妖精なのです。森の中で平和に暮らしていた小黒ですが、ある日、人間たちが入り込んできて森を開発し、小黒たちは森を追われます。田舎や街を放浪する小黒は同じ妖精の風息(フーシー)とその仲間に助けられて彼らと一緒に暮らし始めるのですが、執行人と呼ばれる無限(ムゲン)と言う人間に捕らえられてしまう。無限は風息が人間を深く恨んでいて人間の棲む街を、小黒の彼自身が知らない能力を利用して破壊しようとしているのを阻止するのが目的なのです。ここに風息と無限の壮絶な戦いが始まる。。。要約すればそんなストーリーなのですが、私には分かりにくい部分が多々ありました。このアニメが言う領域とか属性とかが私には理解しにくいのです。風息も無限も美形なのでどちらが悪役かも判断しにくいし(笑)

 

無限と人間の姿になった小黒↓

f:id:todorirannpu:20191115222120j:plain

 

絵は日本のアニメの影響をめっぱい受けてると感じました。ジブリからドラゴンボールから、かっての東映長編動画まで、それこそありとあらゆる日本のアニメを。小黒たちは上のシーンのような服装をしていますが、都会の人間たちは現在の普通のファッションで、中国に行ったことのない私は日本と何ら変わらない中国の大都会の姿にちょっとびっくりしました。その風景、背景もまた、単純な線であったり丹念に描き込まれていたりして、美しく描かれています。戦闘シーンの迫力は音響の迫力もあって壮大です。

正直に言うと風息と仲間たちが無限によって制圧される結末には違和感が残っています。(あくまで私感ですが、なんか中国本土と香港のような…)でも無限に抱っこされる小黒が可愛い過ぎるから(めでたしめでたし)としましょう。だって小黒、孫にソックリでたまりません。ほんと可愛いかったのです。ほとんどいつも何か食い物を食ってましたけど。

 


<羅小黒戦記>日本予告編